Shusui

Shusuiプロフィール

メッセージ

1976年1月30日、東京に生まれる。生まれつき目に障害を持っていたこともあり、両親の勧めで6歳からクラシックピアノを習い始める。そして幼い頃から自然と耳から音楽に親しむ。

学生時代はクラシック音楽に拘ることなく色々なジャンルの音楽に触れ合う。 中でも中学生の時にビートルズの音楽と衝撃的に出会い、POP/ROCKミュージックに目覚める。その後もスティング、エルトンジョン、ビリージョエル、スティービーワンダー、マイケルジャクソン、アンドリューロイドウェーバーなどのアーティストに影響を受け、1995年に本物の音楽と英語を学ぶため19歳でイギリスへ留学する。ロンドンでは英語学校に通いながら地元の音楽学校にも通い、そこで色々な国籍の友人たちと共にイギリス人講師から音楽理論やバンドアンサンブルなどの演奏技術を学ぶ。

この頃から小さなキーボードで自ら作詞作曲を始めるようになる。 日本に帰国後御茶ノ水の楽器店のメンバー募集のチラシをきっかけにボーカリストの谷中たかしと運命的に知り合い意気投合。すぐにふたりで作詞作曲をするようになり、1997年ポップユニットcanna(カンナ)を結成。 canna の音楽は、日本独自の四季と季節感を大切にし、どこか昔懐かしい中にも新しさを感じられる人の心の奥を癒す時代に流されないスタンダードな曲づくりと世界観を心ざす。 cannaとしてのアーティストデビュー前に近藤真彦やKinKi Kidsのシングルを手がけるなど作家としても活躍。後にある音楽学校のオーディションで実力を発揮し、1998年タワーレコード系列のbounce recordsよりインディーズシングル「拝啓あなた様」をリリース。 その後も精力的にライブハウスなどでLive活動をしながら幾つかのメジャーレコード会社から声を掛けられる。そして、1999年ソニーミュージックよりシングル「紙ひこうき」で念願のメジャーデビューを果たす。メジャーデビュー後も日本全国各地を飛び回り、テレビ、ラジオ、雑誌、イベントなどへも精力的に出演する。1999年にリリースした3rd Single「風の向くまま」がSMAPのメンバー草なぎ剛さん主演のテレビドラマ「TEAM」の主題歌としてスマッシュヒットになり、2000年にリリースした1st Album「無人島」でもアルバムチャートを駆け上がりTOP20入りを果たす。同年、ラジオ局の開局記念イベントにて事務所の大先輩でもあり尊敬するシンガーソングライターの山下達郎さんと竹内まりやさんのオープニングアクトとして、念願の日本武道館、大阪城ホールでのLiveも行い、アーティストとしての活動をさらに加速させて行く。5th Single[右手]は、大塚飲料ビタミンスーマッチのCM曲となり、ビビアンスーさんと共にCMにも出演。アーティスト活動と平行しながら作家としてもKinKi Kidsのシングルでメンバー主演のテレビドラマ主題歌となった「青の時代」、「もう君以外愛せない」などのミリオンヒット曲も飛ばす。cannaは、2003年までシングル9枚、ミニアルバム2枚、フルアルバム2枚を世の中に残し惜しまれつつも、同年活動を休止する。

その後もShusuiは、ひとりで大好きな音楽を作り続ける傍ら友人の勧めで行った、スウェーデンで沢山のスウェーデン人クリエーターと知り合い、国籍や年齢、趣味や志向の異なった人々と共にコラボレーションし、一緒に協力し合いひとつの音楽を作り上げる楽しさに改めて目覚める。そして現在でも彼らと一緒にPOP/ROCKミュージックを中心に多種多様の音楽を共に作り上げ、数多くの作品を国内外のアーティストやシンガーへ提供している。アメリカ、 メキシコ、スウェーデン、韓国、タイ、香港、中国、台湾などの海外アーティストへも楽曲提供を果たしている。

2004年自らの会社(有)Stock Room Internationalを設立し、プロデューサーとしても国内外のアーティストやシンガーの楽曲を手掛け、自身でもシンガーソングライターとしての活動をはじめる。

2005年にはスウェーデン人のクリエーターと共に作り上げた楽曲「青春アミーゴ」(修二と彰)がシングルチャートで大ヒットとなり、オリコン年間シングルチャートの1位を記録し、自身3度目のミリオンセラーシングルも達成する。 外人とのコラボレーションによる成功をきっかけに、2012年現在でも世界中を飛び回り、新人アーティストやシンガー、ソングライターを発掘し、自らもプロデューサーとしてたくさんの優秀なクリエーターやプロデューサーたちと共に自身の大きな夢でもある日本人ソングライターとしての本格的な世界進出に向け日々努力を続けている。そして、昨年cannaとしての活動も再開し、配信限定シングルを中心に積極的にリリースしている。2012年の1月には、自らもソロアーティストとして、育児体験をリアルに描いたデビューシングル「世界で2番目に好きな人」をリリースした!Shusuiが新たに提案する「育音(イクオン)」=音を育てる、をテーマに未来の子どもたちにも響く音楽制作も進めている。

主な楽曲提供アーティストとしては、
近藤真彦、SMAP、KinKi Kids、嵐、タッキー&翼、NEWS、KAT-TUN、テゴマス、山下智久、修二と彰、GYM、GOLF&MIKE、Hey!Say!JUMP、NYC、中山優馬、Sexy Zone、MISIA、AKB48、加藤ミリヤ、清水翔太、深田恭子、阿部麻美、玉置成実、坂本真綾、乃木坂46、ELISA、FTIsland、CNBLUE、大国男児、岩谷ホタル、etc…

閉じる