宮城純子

宮城純子 プロフィール

1977年 「The Square」(現在、T-SQUARE)のキーボーディストとしてレコードデビュー。アルバム3枚をリリースし、グループを脱退後、スタジオミュージシャンとして数々のレコーディングやツアー、ライブに参加、アレンジャーとしてアニメの音楽や劇のBGMなどを手掛ける。
1988年〜 東京音楽大学の映画・放送・音楽コースの客員教授として、若手ミュージシャンの育成も務める。
1992年12月 以前からライブ活動を行なっていた自己のグループ「姫の乱心」のファーストアルバム『NO EXIT』をリリース。
1998年 ヴォーカルの小川美潮と共に「Secret Book」を結成しライブ活動を開始。
1999年9月 本多俊之、山木秀夫等を迎えたCD『夢が眠る場所』をリリース。2002年、JAZZの世界に進出。SAXの小池修等と「ZAZOU」を結成、FUSIONとJAZZの枠を越えた音世界を演出、ライブ活動を精力的に行なう。
2002年10月〜 童話の読み聞かせと音楽のCDレーベル、アルルカンレーベルを立ち上げ、『声ものがたり』シリーズをプロデュース。現在も継続してリリース中。
2003年12月 初のソロアルバム『Piano in Wonderland』をリリース。

<主な作品>
The Square 『Lucky Summer Lady』
姫の乱心 『No Exit』
Secret Book 『夢が眠る場所』
宮城純子 『Piano in Wonderland』

閉じる