東京音大ソングライティングコースのオープンキャンパスに行こう! | ニュース | ソングライティングコース | 東京音楽大学 作曲/映画・放送音楽コース サテライトサイト

NEWS

INFORMATION2017/06/26

東京音大ソングライティングコースのオープンキャンパスに行こう!

東京音大ソングライティングコースのオープンキャンパスに行こう!
『1日だけでも参加OK』東京音大 ソングライティングコースのSpecial な 6days☆

「音大ってどんなとこ?」
「東京音大のソングライティングコースではどんなことを学べるの?」

今から、音大生になったつもりで、毎回通って、入学前にしっかり実力アップ!一日だけでも体験OKですので、まずはお気軽にお申込みを!


2017年7月5日(水)開催
第一回 ソングライティングコース オープンキャンパス
「切っても切れない、メロディとコードのシンミツなカンケイ!」

「メロディが浮かんだ!でも、どんなコードが合うのか、よくわからない…。」
「かっこいいコード進行があるんだけど、どうやってこれにメロディを付けたらいいのか、難しくて…。」

こんなお悩みを持っている方も多いかと思います。どうしたら素敵にまとまってくれるのでしょう?ポピュラーやロック、アニソン、ゲーム音楽などで広く使われるコードの種類と秘密、メロディとの密接な関係を実際に聴きながら、体験してみて下さい。作曲におけるコードのカッコいい使い方のコツを伝授しちゃいます!


2017年8月1日(火)開催
第二回 ソングライティングコース オープンキャンパス
「めざせ☆グルーヴマスター!ドラムとベースでLet’s ダンス!」

「ドラムやベースの打ち込み方が全然わからない…。」
「カッコいいリズムの種類にはどんなのがあるのか、まとめて知りたいなあ…。」

カッコいい曲には、かならずカッコいいリズムが付いています。思わず身体が動いてしまうリズムの秘密は何なのでしょう。メロディ、ハーモニーと並び、音楽の三要素といわれるリズム。でも、実は一番大切なのは「リズム」なのです。ベースと合わせて、この夏、ワンランク上のリズム、グルーブに関する知識を身につけて、仲間に差を付けて下さい!


2017年9月23日(土)開催
第三回 ソングライティングコース オープンキャンパス
「もっともっと盛り上げて!アレンジと転調で曲が異次元にワープ!」

「メロディもできた。コードも付いた。リズムもある。でも、CDと全然違う。なんでだろう。」
「転調ってかっこいいからやってみたいんだけど、なにかコツがあるの…?」

そうなんですよね、ここからプロはアレンジ、という作業をするのです。メロディ、コード、リズムを何倍もカッコよく聴かせるための、大事な部分です。そして、アレンジの中でも、一番の腕の見せ所でもあり「聞いている人をハッとさせる」ことができる高等テクニックが、転調。さて、その秘密はいったい!?


2017年10月25日(水)開催
第四回 ソングライティングコース オープンキャンパス
「踊り出せ言葉!歌詞とリズムのふわりマジック!」

「歌詞を書きたいんだけど、なんだか作文みたいになっちゃうんだよね…」
「カッコいい言葉を閊えるプロの作詞家の人って、どんなことを考えて、作詞してるんだろう…?」

いつも使っている言葉なのに。作文や話し言葉、そして歌詞はやはり違うものなのです。「天気がよくて、とても気持ちがいい」これでは作文ですね。「天気ピーカン! 気分最高!」これならならば、歌詞になりそうですね。また、字数合わせだけでない、メロディによりそった歌詞の作り方も知れちゃいます!


2017年11月22日(水)開催
第五回 ソングライティングコース オープンキャンパス
「今日だけコッソリ聴かせちゃおう! ヒットソングのビフォー&アフター!」

「なかなかプロみたいな音にならないなあ…。」
「プロはどんな音源を使い、どんなやり方で作品を作ってるんだろう」

テレビから流れてくるヒットソングも、生まれた時は皆さんのデモと一緒なのです。ピアノやギターと鼻歌で作られた曲の「メモ」が、プロの手によって、発売できる「作品」になっていく過程を、そのビフォーアフターを、今日は特別にお聴き頂いちゃいます!必聴ですよ!


2017年12月24日(日)開催
第六回 ソングライティングコース オープンキャンパス
「今日は君がプロデューサー! 潜入!プロのスタジオレコーディング!」

「プロのレコーディングスタジオって、一体どんなとこなんだろう。」
「将来、どんなところで仕事するのか、実際に見てみたい」

さあ、本年度最終回のカリキュラムでは、本学のプロ仕様のレコーディングスタジオでのレコーディングを間近で見学、また、サウンドプロデューサーとしての体験もして頂けちゃいます。これから皆さんが生きていく、音楽業界の最先端の現場での空気を、肌で感じて下さい!めちゃめちゃ楽しいですよ!