2019年 オープンキャンパスのご案内 | ニュース | ソングライティングコース | 東京音楽大学 作曲/映画・放送音楽コース サテライトサイト

NEWS

INFORMATION2019/04/12

2019年 オープンキャンパスのご案内

今年も桜が綺麗に咲いて、彩豊かな新年度を迎え、東京音楽大学は中目黒・代官山キャンパスも誕生しました。
年号が変わり、オリンピックを来年に控えた今年は、音楽シーンでも大きな変化の予感がしますね。

今年も個性あふれる新入生を迎え、ソングライティングコースも2019年度を走り始めました。
充実した4年間になるように頑張っていきましょう!

さて、今年もソングライティングコースのオープンキャンパスを開催します。

ソングライティングコース・オープンキャンパス2019
「Special な 6days☆」
1年通して全6回、オープンキャンパスを開催いたします!
1日だけの参加もOK!お気軽にお申し込みください。(受講料無料)
※場所は全て池袋キャンパスです。


第1回 5月22日(水) 17:30~19:00
ソングライティングの奥義 その1

「何度聴いても、ここがたまらない!メロディとコードの親密な関係 コードの付け方のコツを学べば、楽曲のクオリティがこんなにも上がる!」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「やった!いいメロディが浮かんだぞ!…でも、どんなコードが合うのか、よくわからない…。」

「決して悪い曲じゃないと思うんだけど、いまひとつパッとしないんだよなあ・・・」

誰にでもそんな経験があるもの。わかりますよ!コードとメロディには、切っても切れない密接な関係があるのですが、プロだけが知ってる“コードの選び方のコツ”を知らないと、せっかくの素敵なメロディもなんだか地味に聞こえてしまうもの。ポピュラーやロック、アニソン、ジャズ、ゲーム音楽などで広く使われるコードの種類とその特徴や、コードでどんどんメロディが変化していく様子を、実際に目で見て、耳で聴きながら、体験してみて下さい。コードがかっこよく付けられると、あなたのメロディが2倍にも3倍にも、グーンと引き立ちますよ!


第2回 6月26日(水) 17:30〜19:00
ソングライティングの奥義 その2

「思わず身体が動き出す!リズムの深遠なる世界 あなたの曲のイメージも、リズム一つでこんなにも変わる!」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「今風のリズムの曲にチャレンジしてみたい…。」

「メロディに合ったリズムパターンって、どうやって作るの?」

いい感じのメロディが出来た。コードも付けられた。さあ、ドラムを打ち込むか。・・・えっと、どうしよう!?

こんな経験、ありませんか?曲に合ったカッコいい、素敵なドラムのパターンが作れたら、小躍りしたくなる程、嬉しいものです。そして、グッとくるベースラインと合わさることで、聴くだけで思わず身体が動いてしまう最高のリズムトラックが作れます。泣けるバラードだって、絶妙なリズム・パターンが、メロディとハーモニーをしっかりと支えているのです。

キックの位置のたった一つ、ベースの裏拍のほんのニュアンスの付け方など、ちょっとしたコツで、曲の表情がガラリと変わるということを、是非体感して下さい。リズムのことをもっとよく知って、あなたもリズムマスターを目指して下さい!


第3回 9月25日(水) 17:30〜19:00
ソングライティングの奥義 その3

「ゴージャス、ソリッド&ダイナミック!アレンジのコツはトラックの重ね方にあり ~ 印象に残る、飽きない曲のアレンジにはこんな秘密があった!」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

あなたの好きな曲を思い浮かべて下さい。大好きなメロディや歌詞と共に、例えば、印象的なイントロのフレーズが浮かびますよね。そして、楽曲で使われている楽器のかっこいい音色やフレーズなども、あなたは、メロディと同じくらい、きっと大好きなはず。そうなんです!素敵な楽曲とは、メロディと歌詞だけで出来ているのではないのです。アレンジこそが、その曲の魅力を最大限に引き立たせる、その曲になくてはならない、重要なバイプレイヤーだったのです。

アレンジは、トラックを重ねて作ります。では、プロは、どうやってトラックを重ねていくのでしょう。重ね方にも、当然、コツや秘密があります。数々の名曲のアレンジやその解説を交えながら、バッチリ学んで頂きましょう!


※2019年8月2日(金) 10:00~

ソングライティングコース説明会を行います。
試験科目 音楽基礎知識のレクチャーを行います。

 

第4回10月23日(水) 17:30〜19:00
ソングライティングの奥義 その4

「一生忘れられない、あのフレーズ!歌詞が心に沁みる、ヒットの鉄則 ~ 言葉の魔法は、こんなにも魅惑的!」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「どうしてプロってあんなにかっこいい言葉を思いつくんだろう…」

曲のクレジットには、作詞、作曲、誰々と名前が出ますね。当たり前ですが、曲はメロディと同様に、歌詞がとっても大切です。忘れられないあの曲のワンフレーズ、人生を変えてくれたあの曲のメッセージ。そういうものが、誰にもあることでしょう。

ヒット曲の歌詞を分析してみたことがありますでしょうか?実は、まるで魔法のような、すごく沢山の工夫がされているのですが、ぱっと聞くと、実に自然に耳に入ってきます。同時に、「ああ、今のところ、いい言葉だなあ」と、耳に引っかかってくれるようになっているのです。歌詞として自然に聴けて、でも、耳に残り、心に沁みるプロの歌詞作りの秘密。名曲の歌詞を紐解きながら、そのコツをお教えしてしまいましょう。


第5回 11月27日(水) 17:30~19:00
ソングライティングの奥義 その5

「これが、ああなったのか!プロの楽曲 ビフォー&アフター 特別公開!皆さんが知っている名曲誕生の裏話、そして、匠の技。」

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「プロの作曲方法ってどんな感じなんだろう…。」

「プロってどんなデモを作ってるんだろう…。録音とかって、どのくらい時間をかけるのかなあ。」

テレビやラジオ、Youtubeから流れてくるヒットソングも、最初に生まれた時は皆さんのデモと同じく、ピアノやギターや、鼻歌で作られた曲の「卵」なのです。それが、プロの手によって、世の中に販売される「作品」「商品」になっていく過程を、そのビフォーアフターを交えながら、今回も特別にお聴き頂きましょう!激レアです!必聴です!


第6回 12月26日(木) 10:00〜
ソングライティングの奥義 その6

「ああ!憧れのレコーディング! 今日はあなたがディレクター!?現場のレコーディング・スタジオを体験したら、もうクリエイターの仲間入りですよ!」

冬期講習会・説明会も合わせて開催します。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

「プロのレコーディングスタジオって、一体どんなとこなんだろう。」

「将来、どんなところで仕事するのか、実際に見てみたい」

さあ、本年度も最終回のカリキュラムでは、本学のプロ仕様のレコーディングスタジオでのレコーディングを間近で見学、また、サウンドプロデューサーとしての体験もして頂けちゃいます。楽曲が出来上がっていく様を、その目で、耳で、体感して下さい。そして、これから皆さんが生きていく、音楽業界の最先端の現場の空気を、肌で感じて下さい!めちゃめちゃ楽しいですよ!お待ちしています!


※各日15分程度、入試に関しての説明を行います。

お申し込み、お問い合わせは、
songwriting.tokyoondai@gmail.com まで
(ご連絡の際は、ご氏名、学年、ご連絡先を明記してください)

http://tokyo-ondai-popular-music-composition.jp/songwriting/