施設紹介


スタジオ紹介

コントロール・ルーム

このコントロール・ルームは主に卒業制作のレコーディングやアンサンブル実習で使用し、学生は作曲家と同時にディレクターとしての役目を担います。演奏者とのミーティングや、レコーディングのディレクション、テイクチョイス、ミキシングの立ち会いなどを実践から学び、音楽制作能力の育成に加え、実際の現場で必要なコミュニケーション力、傾聴力、主体性などを養います。

大ブース

リズムセクションや、室内楽を録音するための大ブース。ピアノはスタインウェイのフル・コンサートモデルが設置されており、ストリングアンサンブルは6型編成まで収容可能です。

映画・放送音楽コース2年生の選択必修科目のエレクトリックベースの授業、ポピュラー・インストゥルメンツコースの演奏実技のレッスン、ソングライティングコースのキーボード演奏基礎/応用の授業はここを教室として使用します。

小ブース

ヴォーカルやオケ中ソロ楽器など、作業工程上、分けてレコーディングする必要がある楽器を録音するための小ブース。ブラスセクションは5〜7名収容可能です。

映画・放送音楽コース2年生の選択必修科目のエレクトリックギターの授業、ポピュラー・インストゥルメンツコースの演奏実技のレッスン、ソングライティングコースのエレクトリックギター演奏基礎の授業はここを教室として使用します。

アンサンブルルーム

主に映画・放送音楽コース2年生の必修選択科目のドラムスの授業で、ここを教室として使用します。現在ドラムセットは4台設置しており、教材を再生したり、簡単なセッションをするためのPAシステムも備えてあります。授業以外の時間は主にポピュラー・インストゥルメンツコースの学生は、それぞれの専攻実技の研鑽の場として使用できます。

このページのトップへ