卒業生紹介


レコーディング・スタジオ


レコーディング・スタジオという音楽制作の最前線でレコーディング・エンジニアとして活躍する卒業生に、その仕事内容や役割、現場で活かされた本コースでの経験について取材を行った。


レコーディング・エンジニアの役割とは?

CD、配信、有線放送など、いわゆる「ライブ」以外で我々が耳にする音楽は、基本的に「レコーディング」「ミックス・ダウン」という作業を経て作られている。「レコーディング」とは文字通り、作編曲家が作った楽曲を、プレイヤーが演奏して実際に録音していく作業だ。「ミックス・ダウン」とは、端的に言えば録音した各パートの音量や定位を調整し、楽曲全体のサウンドを整えていく作業である。この2つの重要な作業を行っているのがレコーディング・スタジオだ。

ひとくちにレコーディングといっても、そのプロジェクトごとに参加するミュージシャンや楽器編成、楽曲のジャンルは様々で、例えば「劇伴」と呼ばれるドラマや映画等のBGMの録音では、一度のレコーディングでオーケストラ編成を20曲~40曲録ることもあるが、CDとしてリリースされるアーティスト作品では一曲の録音に半日以上費やすこともある。

このように、多彩なレコーディングが日々行われている商用スタジオで、非常に重要な存在となるのが「レコーディング・エンジニア」であり、録音された楽曲(録音物)の良し悪しは彼らのウデで決まると言っても過言ではない。歌のレコーディングひとつ取っても、エンジニアは歌い手の声量・声質に合わせ、多種多様なマイクの中から一番適切なものをチョイスし、ベストな音質で録れるように角度や距離を計ってマイキングをする。そして、録音された歌声はミックス・ダウンにより、メロディーの良さを余すところなく聴かせる状態に整えられるのだ。彼らの持つ豊富な録音技術と、経験の累積から来る確かな「音に対するバランス感覚」に支えられ、音楽はまさに形になるのである。

レコーディング・エンジニアの仕事は、主にこの「レコーディング」と「ミックス・ダウン」のオペレーションだが、スタジオワーク全体をスムーズに進めるためのサポートなども大事な役目の一つである。演奏と譜面との細かな違いを指摘したり、作編曲家の意図を、言葉では伝えられない部分も含めて汲み取ったりと、作曲を学んだからこその音楽的能力が役立つことも多い。商用スタジオでは電気関係のエンジニアリングを学んだスタッフも多いなか、音楽大学出身という経歴が重宝されるケースもままあるのだ。

映画・放送音楽コースでは、レコーディング・エンジニアの仕事に直結する知識を学ぶことができるのはもちろん、企画から作曲、演奏、録音、ミックス・ダウンという音楽制作の基本的な流れを一気通貫で学ぶ。この全体を俯瞰することのできる知識や能力が、様々なプロフェッショナルが集う音楽制作の現場でも活きてくる。

レコーディング・スタジオ 図解

卒業生の声

レコーディング・スタジオ 卒業生
株式会社サウンド・シティにレコーディング・エンジニアとして勤務する五十嵐 覚さんを取材しました。サウンド・シティは、東京を拠点にオーディオのレコーディング・スタジオと映像の編集環境を両面で展開する、業界では老舗にあたる企業です。映画・放送音楽コースを2013年に卒業した五十嵐さんは取材時に入社3年目。最近ではメイン・エンジニアとしての仕事も増え、某大物ミュージシャンから指名を頂くこともあったとのことで、今後一層の活躍が期待されています。

Q.レコーディング・スタジオに勤務するきっかけは?

A.大学ではもちろん作曲や演奏なども学んできたのですが、そのなかでも「音作り」やレコーディングに興味を持ち、深めていきたいと思うようになりました。そして、エンジニアとしての活躍の場を求めて、サウンド・シティに入社しました。


Q.学生時代とのギャップを感じたことは?

A.仕事の早さですね。レコーディング・スタジオで行われる作業自体に大きな違いはないと思いましたが、すべてが速く進行していきます。たとえば、プレイヤーの方に譜面を配ってすぐに一度だけ音合せしたあとで、次はもう本番の録音。もちろん撮り直しは不要。といった具合です。すべてのミュージシャンやスタッフがプロフェッショナルなので、圧巻ですね。


Q.記憶に残っている録音はありました?

A.演歌のレコーディングが記憶に残ってますね。演歌の場合、歌い手さんの魅力を引き立てることが最優先なので、実際にスタジオで歌ってみるまで、曲のキーやテンポが決定していないことがあります。プレイヤー側が、その場で移調しながら合わせていきます。こう聞くとレコーディングに時間がかかりそうだと思ってしまいそうですが、これも気持ち良いぐらいに早く終わるんです。さすが一流の方々ですね。


Q.今後の展望をお聞かせください。

A.まずアシスタントの仕事をきっちりとこなしたうえで、メインのエンジニアとなることが今の目標です。そのためには、自分にとっての「良い音」というものを確立させていくことが課題です。レコーディング・エンジニアは、ずっと現役で活躍できる職業ですので、これからも職人として自分を研ぎ澄ませていきたいと思います。

このページのトップへ