Suhsui

講師からのメッセージ

プロフィール

ソングライティングとは、僕の人生を描くための一つの重要な手段です。
僕が最初に曲作りを始めたのは、19歳の頃でした。留学先のイギリス、ロンドンで、小さなキーボードを片手にフラットの窓から見えるテムズ川を描いた作品を英語の歌詞と曲で描きました。それから早17年‥。未だにソングライティングで、煮詰まったり、辛いと感じたことはありません。ソングライティング=音楽と人生を楽しむことだと思っています。
何気ない日常の風景や友達との会話、テレビやネットなどのメディアからの情報を自分の感覚と感性でピックアップし、それを元にして歌詞や曲のイメージと映像をふくらませて行く‥。そして、そのイメージと映像を具体的に歌詞やメロディーにして、最終的なアレンジを加えて、一つの作品に仕上げて行く。それはまさに音楽を楽しみ、人生を歩くと言うことなんだと思います。
近年では、主にスウェーデン人ソングライター/プロデューサーたちとのco-write(共作作業)や日本人同士のソングライターとの共作活動に力を入れています。国や言葉、文化や環境、好きな音楽やアーティストの違う複数のクリエーターと知り合い、会話し、お互いを理解し尊敬し合う。そして、同時に一緒に作品を作り上げて行くと言うことは、自分でも知らなかった新たな発見や人と人、音と音との化学反応にも繋がり、とても刺激的で、魅力的な作業です。
ソングライティングの魅力や面白さ、楽しさを一人でも多くのみなさんに伝え、その瞬間を一緒に共有出来るように頑張りましょう!

閉じる